Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/96-844c2fb3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ヴェッツ:交響曲第3番

Richard Wetz Symphony No.3
リヒャルト・ヴェッツ(1875~1935)

交響曲第3番変ロ長調 作品48

ラインラント=ファルツ州立フィルハーモニー
指揮:ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト

過去記事:ヴェッツ:交響曲第2番
       ヴェッツ:レクィエム

「遅れてやって来たロマン派」ヴェッツの最後の交響曲となるこの曲は1920年8月より2年ほどかけて書かれてますが、ブルックナーの影響を強く受けていると言われるヴェッツの作品の中では特にその印象が強いです。もっとも、ブルックナーの後期の交響曲に聴かれるようなどっしりとしたものよりは初期の交響曲(交響曲ヘ短調、第0番、第1番、第2番)に聴かれるような荒削りな部分の印象の方が強いですけど・・・不安な感じの序奏で始まり、弦によるごつごつとした鋭角的な主題が全曲に渡って重要な要素となっている所などブルックナーと瓜二つですが、決してその亜流に陥ることなく、無骨でも確かな自己主張しているところはさすがだと感じます。

こうして聴いていると、改めてクラシック音楽の驚くほど広大な世界についていろいろ考えさせられます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/96-844c2fb3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。