Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/95-59c3e4ef

トラックバック

コメント

[C25] No title

はじめまして

アマゾンから流れ着きました。

目のつけどころが違うディスクレビューですね。僕も最近、こういった目立たない作曲家に興味をもちはじめたところでとても参考になります。

今はこのヴェッツ(このレビューおかげ)とタンスマン、ヴィルムスなる作曲家が気になっています。ちょうどタンスマンをポチッとしたところですが、このままではヴェッツもポチッといってしまいそうです・・・

ライブだそうですが録音はどうですか?
  • 2009-12-03 13:44
  • キャベ
  • URL
  • 編集

[C26] キャベさん

コメントありがとうございます。最近ではアマゾンやHMVでいろいろ探していますが、こうした普通のCDショップであまり見かけない曲を探すのに助かってます。ヴェッツもポチッといきましょうか?(笑) このレクィエムの演奏は本当に素晴らしいですよ。

最近ではヴィラ=ロボスとフランツ・シュミットの交響曲にはまってます。あとブログにも書いているけど、cpoから出ているベーエの作品は本当にすごかったです。

[C27] No title

おお、フランツ・シュミットですか!僕もちょうどルイジ/MDR響の第4番を聴いております。あのアダージョは極上ですよね。

ヴェッツはレクイエムのみならず第2・第3交響曲も一緒にポチッといってしまいましたよ・・・

ベーエですか、僕R.シュトラウスに関しては食わず嫌いなのでどうなることやら。それにワーグナーも聴くのは前奏曲や序曲だけなんです・・・でも、気になる!
  • 2009-12-07 12:32
  • キャベ
  • URL
  • 編集

[C28] ルイジ盤

全4曲ともCD持っているけど、素敵な演奏ですね。4番の印象だけだと難しい印象のあるフランツ・シュミットの交響曲だけど、1番から3番まではツェムリンスキーやワインガルトナーの交響曲を想わせる曲想で聴きやすかったですね。

ヴェッツのCD楽しみですね^o^

ベーエの作品は聴いて損はないですよ。ブログでも書いているけど、標題的な面を気にしなくても聴き通せるし、堅固な構造はブルックナーの交響曲を聴いているようです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ヴェッツ:レクィエム

Richard Wetz Requiem
リヒャルト・ヴェッツ(1875~1935)

レクィエム ロ短調 作品50

マリエッタ・ツームビュルト(ソプラノ)
マリオ・ホフ(バリトン)
エアフルト・ドームベルク合唱団
ワイマール・フィルハーモニー合唱団
ワイマール・テューリンゲン室内管弦楽団
指揮:ゲオルゲ・アレクサンダー・アルブレヒト

ヴェッツについては交響曲第2番について書いたばかりですけど、このレクィエムも、これまで知られていなかったのが信じられないくらい素晴らしい作品です。曲は全5章より成り、典礼文の中で昇階唱を除いているのはモーツァルトやヴェルディのレクィエム等と同じです。

全体的に穏やかに流れてゆくけど、合唱とオーケストラが紡ぎ出す歌は穏やかな中にも時には雄弁に、時には大胆に、また時には哀しくなるくらい内向的で、第1章(入祭唱とキリエ)や第5章(神羊誦)での真摯な祈りの歌、一転して劇的な表情を見せる第2章(続唱)等、聴いていて心動かされる瞬間に満ちています。独唱の出番は少ないけど、ここぞという場面で心の奥底まで届くような祈りの歌を紡いでます。間違いなく、過去の偉大な作品と比べても遜色ない大傑作だと言えるでしょう。

このCDは作曲者ゆかりのエアフルトにおけるライヴ録音で、合唱がややオーケストラに押され気味な部分もあるけど、豊かな響きの素晴らしい演奏を展開しています。現代ドイツを代表する指揮者の一人であるゲオルゲ・アレクサンダー・アルブレヒトの指揮も曲の奥深い魅力を自然体で表現しており、非常に好感持てます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/95-59c3e4ef

トラックバック

コメント

[C25] No title

はじめまして

アマゾンから流れ着きました。

目のつけどころが違うディスクレビューですね。僕も最近、こういった目立たない作曲家に興味をもちはじめたところでとても参考になります。

今はこのヴェッツ(このレビューおかげ)とタンスマン、ヴィルムスなる作曲家が気になっています。ちょうどタンスマンをポチッとしたところですが、このままではヴェッツもポチッといってしまいそうです・・・

ライブだそうですが録音はどうですか?
  • 2009-12-03 13:44
  • キャベ
  • URL
  • 編集

[C26] キャベさん

コメントありがとうございます。最近ではアマゾンやHMVでいろいろ探していますが、こうした普通のCDショップであまり見かけない曲を探すのに助かってます。ヴェッツもポチッといきましょうか?(笑) このレクィエムの演奏は本当に素晴らしいですよ。

最近ではヴィラ=ロボスとフランツ・シュミットの交響曲にはまってます。あとブログにも書いているけど、cpoから出ているベーエの作品は本当にすごかったです。

[C27] No title

おお、フランツ・シュミットですか!僕もちょうどルイジ/MDR響の第4番を聴いております。あのアダージョは極上ですよね。

ヴェッツはレクイエムのみならず第2・第3交響曲も一緒にポチッといってしまいましたよ・・・

ベーエですか、僕R.シュトラウスに関しては食わず嫌いなのでどうなることやら。それにワーグナーも聴くのは前奏曲や序曲だけなんです・・・でも、気になる!
  • 2009-12-07 12:32
  • キャベ
  • URL
  • 編集

[C28] ルイジ盤

全4曲ともCD持っているけど、素敵な演奏ですね。4番の印象だけだと難しい印象のあるフランツ・シュミットの交響曲だけど、1番から3番まではツェムリンスキーやワインガルトナーの交響曲を想わせる曲想で聴きやすかったですね。

ヴェッツのCD楽しみですね^o^

ベーエの作品は聴いて損はないですよ。ブログでも書いているけど、標題的な面を気にしなくても聴き通せるし、堅固な構造はブルックナーの交響曲を聴いているようです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。