Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/93-02f78fb5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ヴォルフ=フェラーリ:管楽器のための協奏曲集

Wolf-Ferrari  Wind Concertos
エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ(1876~1948)

オーボエと小管弦楽のための牧歌風小協奏曲
ファゴットと小管弦楽のための小協奏組曲
イングリッシュホルン、弦楽と二本のホルンのための小協奏曲

ディエゴ・ディーニ=チャッチ(オーボエ&イングリッシュホルン)
パオロ・カルリーニ(ファゴット)
パドヴァ・ヴェネト管弦楽団
指揮:ジョルト・ハマル

イタリアの作曲家、ヴォルフ=フェラーリは歌劇を中心にして作品を残しているけど、現在知られているのはオペラ「聖母の宝石」の間奏曲のみです。最近ではCDでオペラも数曲聴けるようになったけど、さすがにcpoは目の付け所が違うようで、器楽曲のCDも出しています。そんな中の一枚がこの管楽器のための協奏曲集だけど、これがなかなか美しいです。

いずれも小規模なオーケストラとの合奏であるけど、これが独奏楽器との相性がぴったりで、オーボエの軽快な音色と豊かな歌謡性、ファゴットの素朴な音色、イングリッシュホルンの鄙びた音色が生きています。いかにもイタリア的な明るい音色の中にも豊かな歌としっとりとした情感に満ちている、いずれもとても魅力的な作品です。特にイングリッシュホルンはソロのレパートリーが少ないので(オーケストラの中では出番が多いにもかかわらず)、非常に貴重です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/93-02f78fb5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。