Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/78-c28ca5ad

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

打楽器アンサンブル 「Schla-K/シュラーク」 旗揚げ公演

打楽器アンサンブル 「Schla-K/シュラーク」
 永野 哲
 岩崎 雅子
 山ヶ城 陽子
 関家 真一郎
 富田 篤

永野 哲:祝典序曲‘09
吉松 隆:アトム・ハーツ・クラブ・デュオ
トーマス・ゴーガー:ゲインズボロー(打楽器五重奏のための)
ヒダノ 修一:フーリッシュ・ガイズ
吉岡 考悦:3つの舞曲(マリンバと4人の打楽器奏者のための)
  ~encore~
サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」~白鳥~
ハチャトゥリアン:バレエ「ガヤネー」~剣の舞~

1月で九州交響楽団を退団された永野哲氏が新しく起ち上げた打楽器アンサンブル「Schla-K/シュラーク」の旗揚げ公演を聴きに、古賀市中央公民館へ行ってきました。僕も中学の時にアマオケで打楽器をしていたので打楽器のアンサンブルを聴くのは好きだけど、冒頭の「祝典序曲‘09」から力のこもった演奏が展開され、とても楽しく聴くことが出来ました。

打楽器アンサンブルの演奏は多種多様な打楽器から生み出される豊かな音色、複雑に絡み合うリズム、ホールの空気のうねり等が魅力ですけど、改めて聴くとその多彩な音色には驚かされます。そして響きのうねり、二台のマリンバのための「アトム・ハーツ・クラブ・デュオ」でのマリンバの柔らかく深い響きはまるで湖面に静かに広がる波紋のようにホールを満たしていました。他にもホール内を縦横無尽に駆け回るようなトムトムやボンゴやコンガの軽やかな響き、オルガンのペダル鍵盤のように存在感あるタムタムにバスドラム、そして引き締まった音色でアンサンブルの核となっているティンパニ・・・一瞬たりとも飽きることのない、充実した時間を堪能でき、機会があれば何度でも聴きたいと思いました。

今後は5月8日にシーハットおおむら、5月27日にかごしま県民交流センターでも公演が行われます(共に開場18時、開演18時30分)。ちょっと大袈裟かもしれないけど、これ以上の聴かぬ損はなしです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/78-c28ca5ad

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。