Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/72-272ce021

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

天神でクラシック ロマンを紡いだ巨匠たち ~ブラームス~

指揮:秋山 和慶
ヴァイオリン:神尾 真由子

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品77
       ハンガリー舞曲(全曲)

九響の好企画である天神でクラシック、今年度最後のプログラムはブラームスのヴァイオリン協奏曲にハンガリー舞曲を全曲というこれもまた興味深いプログラムでしたが、今夜のコンサートのハイライトは前半のヴァイオリン協奏曲でした。

ソリストは2007年のチャイコフスキー国際音楽コンクールヴァイオリン部門優勝で、現在はチューリヒ音楽院に在学中の神尾真由子さん。出だしはちょっと固いかな?と思ったけど、細部に至るまで心の通った美音でホールを満たし、暖かな春の兆しを感じさせる演奏でした。九響のバックも明るい音色で朗々と、時には深みのある重厚な響きでソロと共にブラームスの新鮮な叙情性を引き出していました。特に第2楽章の木管のソロとヴァイオリンの絡みは格別の美しさでした。

後半のハンガリー舞曲、全21曲をどう聴かせるかとても興味がありましたが、秋山氏の指揮は普段あまり聴けないテンポを大きく揺らしたもので、表情豊かな弦、チャーミングな木管、いかにもロマ音楽的な粘りのある響きを聴かせる金管と聴かせ所に満ちていました。ただいかにもロマ音楽らしい緩急の対比がいささかもったいぶった感じのリタルダントで損なった感じになったのが残念でしたけど・・・

今年度の九響のコンサートも難曲、大曲に果敢に挑戦したり多彩なソリストとの共演と毎回飽きさせないものがありましたが、来年度も興味深いプログラム目白押しでとても楽しみです。特に天神でクラシックでのメンデルスゾーン・チクルスに期待しています。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/72-272ce021

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。