Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/62-a5a62b31

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

北九州交響楽団 第100回定期演奏会

b1325929-s.jpg
指揮:湯浅 卓雄

ベートーヴェン:レオノーレ序曲第3番
マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調

~encore~

エルガー:行進曲「威風堂々」第1番

今日は夜勤明けでちょっときつかったけど、北九州交響楽団のコンサートに行ってきました。このオーケストラのコンサートは4月にベートーヴェンの「第九」を演奏した時にも出かけましたが、今年で創立50年、定期演奏会も100回を数えるそうです。で、普段だったら夜勤明けの日は家でゆっくりしていますが、そんな中、北九州まで足を伸ばしたのには・・・メインがマーラーだからに決まってるっしょ( ̄ー ̄)フッフッフ・・・

マーラーの交響曲ほど実演の際に解き放たれるオーラのすごい音楽はないけど、今回の演奏も最初から最後まで緊張感に満ち、早めのきびきびとした演奏でマーラー独特の振幅の幅の激しい感情も十分に描いていました。厳粛な中に身体を引き裂かんばかりの悲しみを滲ませた第1楽章、一転して厳しい闘争に満ちた第2楽章、一転して牧歌的な穏やかな中にもマーラーらしい"死の舞踏"的な不気味さを織り交ぜた第3楽章、果てしない美しさへの憧れを音にしたような第4楽章、そして華々しく締めくくられる終楽章といずれも素晴らしい演奏でしたが、冒頭のトランペットや第3楽章でのホルンに代表されるソロの素晴らしさ、第4楽章での弦の滔々と流れるような歌に心惹かれました。

ラストの圧倒的な盛り上がりなどは祝典的なこの演奏会にぴったりで、終演後の鳴りやまない拍手も納得でした。前半のベートーヴェンのレオノーレ序曲第3番、アンコールで演奏されたエルガーの「威風堂々」も、この演奏会に相応しく輝かしい演奏で、大編成のオーケストラを聴く醍醐味を改めて味わいました。

こうした演奏に触れるたびに、音楽を愛していて本当に幸せだと感じます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/62-a5a62b31

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。