Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/54-aa211ded

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

九州管楽合奏団演奏会

指揮:現田茂夫

リード:吹奏楽の為の演奏会用序曲「春の猟犬」
パーシケッティ:吹奏楽のためのディヴェルティメント 作品42
2008年度全日本吹奏楽コンクール課題曲
ネリベル:金管6重奏と吹奏楽のための「アンティフォナーレ」
ウォルトン:戴冠式行進曲「クラウン インペリアル(王冠)」
フサ:プラハ1968年のための音楽



今日は宗像市にある宗像ユリックスでの九州管楽合奏団のコンサートに行ってきましたけど、最近行った中でも特に印象深いコンサートとなりました。

吹奏楽団のコンサートと言うこともあって学生さんが多く見に来ていて、プログラムにも今年度の全日本吹奏楽コンクールの課題曲もありましたが、多彩なプログラムを重厚かつ華麗にまとめるアンサンブルの素晴らしさ、指揮の現田茂夫氏のシャープで明快な解釈などどこをとっても素晴らしい演奏でしたが、特に最後に演奏された「プラハ1968年のための音楽」が今日の白眉だと思いました。

今回初めて聴く曲だったけど、あまりに有名な「プラハの春」をテーマにし、非人間的な圧政、大国による締め付け、それでもなお抵抗を続けようとする人たちの思いが複雑に絡み合う感動的な作品で、2月に九響の定期演奏会で聴いたマルコム・アーノルドの序曲「ピータールー」を思い起こしました。特に冒頭でティンパニのソロで奏されたフス派のコラール"Ktož jsú boží bojovníci"(汝ら神の戦士たち)が大きく再現されるラストの荘厳さには圧倒されました。

帰りの電車の中でもコンサートの様子がずっと思い出されて、本当に今日は来てよかったと思いました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/54-aa211ded

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。