Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/22-edcdfd3c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

レーガー編曲によるシューベルト歌曲集

Schubert - Reger
魔王 D328(詩:ゲーテ)
メムノン D541(詩:ヨハン・マイアーホーファー)
音楽に寄せて D547(詩:フランツ・フォン・ショーバー)
月に寄せて D296(詩:ゲーテ)
君は憩い D776(詩:フリードリヒ・リュッケルト)
三つの竪琴弾きの歌 D478(詩:ゲーテ)
 Ⅰ. 孤独に身をゆだねる者は
 Ⅱ. 涙を流しながらパンを食べたことのない者
 Ⅲ. 家々の門辺に歩み寄って
夕映えの中で D799(詩:カール・ラッペ)
連祷 D343(詩:ヨハン・ゲオルク・ヤコービ)
糸を紡ぐグレートヒェン D118(詩:ゲーテ)
夜と夢 D827(詩:マテウス・コリン)
老人の歌 D778(詩:フリードリヒ・リュッケルト)
タルタルスの群れ D583(詩:フリードリヒ・シラー)
プロメテウス D674(詩:ゲーテ)

カミラ・ニールンド(ソプラノ)
クラウス・メルテンス(テノール)
ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト

今日はちょっとマニアックな一枚です(いつもやんか)。シューベルトのピアノ伴奏歌曲はいろんな作曲家によってオーケストラ編曲されているけど、このCDではドイツの作曲家、マックス・レーガー(1873~1916)による編曲です。

レーガーというと主にオルガン曲を中心に傾聴に値する作品が多いけど、そのブラームスとブルックナーを足したような作風、バッハと並び称されるほどの対位法やフーガの技法などにより、難解であるという印象を拭えません(僕も苦手なタイプです)。しかしこのシューベルトの歌曲の編曲は、過剰を戒めた重厚で禁欲的ですらあるオーケストレーションが素晴らしく、シューベルトの歌曲の価値を更に高めています。演奏もそれに似合った落ち着いた演奏で、聴き込む程に深い味わいが感じられる名盤です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/22-edcdfd3c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。