Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/18-2649ff91

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブラームス:アルト・ラプソディ/運命の歌

Brahms Choral Works
ヨハネス・ブラームス(1833~1897)

アルト・ラプソディ 作品53
運命の歌 作品54

マリャーナ・リポフシェク(アルト)
エルンスト・ゼンフ合唱団
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:クラウディオ・アバド

仕事が忙しかったのと、プライベートで凹むことがあって、今週は特に長く感じました。・゚(゚`Д)゙ そんな中で聴き込んだのが今回取り上げるブラームスの合唱曲です。

アルト・ラプソディはアルト独唱と男声合唱とオーケストラのための作品で、テクストはゲーテの詩「冬のハルツの旅」です。ここで歌われているのは張り裂けんばかりの孤独に包まれた若者の有り様です。どこをさまよっても癒されない心を悲痛な表情で描き出し、「そんな心の痛みを誰が癒してくれるのか・・・」と訴えかけ、祈りと共に結ぶ、短いながら極めて感動的な作品です。

運命の歌は合唱とオーケストラのための作品で、テクストはドイツロマン派の詩人、ヘルダーリンの小説「ヒュペーリオン」から取られています。歌詞の大意は天上の明るく清らかな世界と、それに対する人間の宿命-水が岩から岩へと流れ落ち、消えて行くような-を描いています。曲もその歌詞に沿い、天上の清らかな世界と人間の混沌とした世界を対照的に描いています。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/18-2649ff91

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。