Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/160-4a542336

トラックバック

コメント

[C131] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C132] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

九州交響楽団 第303回定期演奏会

指揮:秋山 和慶
ソプラノ:臼木 あい
バリトン:青山 貴
オルガン:鈴木 隆太
合唱:九響合唱団

フォーレ:劇音楽「ペレアスとメリザンド」組曲
      レクィエム 作品48
サン=サーンス:交響曲第3番 ハ短調 作品78

九州交響楽団の今月の定期演奏会はオール・フレンチ・プロ、どの曲もクラシック音楽を聴き始めた頃から好きな曲で、一度は生で聴いてみたかった曲だったのでとても楽しみでしたが、本当に素晴らしいコンサートでした。

一曲目の「ペレアスとメリザンド」組曲は有名な「シシリエンヌ」を始め、潤い豊かな歌に満ちていました。柔らかな音は聴いていて心地よかったけど、単に優美なだけでない、深々とした響きで曲を飾っていました。二曲目の「レクィエム」、これまでも素晴らしい歌声を聴かせてくれた九響合唱団の合唱は柔らかな中にも筋の通った凛とした歌声で、この傑作にふさわしい充実したものでした。祈りの感情が徐々に高まってゆく第1曲、神秘的な響きの第2曲、清らかさと晴れやかさが印象的な第3曲と続き、全曲の中間となる第4曲はまさにこの曲の白眉、柔らかな光が徐々に広がっていき、辺りを包むような感じがしました。その後も祈りと不安な気持ちが交差するような第5曲、救いを求める祈りが心からの絶唱へとなる第6曲、どこまでも澄んだ響きに満ちた第7曲と、全ての音、全ての歌が深く染み入りました。

そして休憩後のサン=サーンスの交響曲第3番では九響の魅力が全開でした。聴かせ所となるオルガンはもちろん、管楽器のソロはどれも魅力的だったし、第1楽章で複雑で豊かな表情を見せた弦楽器は特に素晴らしかったです。特に第1楽章の後半、オルガンと共に歌われる瞑想的な歌は絶品でした。そして力強く晴れやかな第2楽章、冒頭の疾走感は抜群でしたし、随所に現れるピアノのアルペジオと打楽器は魅力的なアクセントを与えてました。後半の晴れやかさは今夜のハイライト、閃光を放つような輝かしさに満ちていました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/160-4a542336

トラックバック

コメント

[C131] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C132] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。