Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/158-2026ed88

トラックバック

コメント

[C111]

今回も素晴らしいコンサートでしたね。
特に後半の交響曲は良かったです。
これを聴いてない人は損してますよ・・と、思うくらいです。
次の第3夜も、とても楽しみです(^^)
  • 2010-07-05 22:29
  • ぼんじり
  • URL
  • 編集

[C112] Oh,no!

まさしく私は損をしちゃいましたね><
7月の定期は行けそうです。ひさしぶりのコンサートなので楽しみです^^
  • 2010-07-05 23:57
  • あまみっく
  • URL
  • 編集

[C113] ぼんじりさん

昨年度のメンデルスゾーンといい今年度のシューマンといい、空席が目立つのが気になりますね・・・定期は完売する勢いだから余計に残念ですね。

[C114] あまみっくさん

でも大丈夫ですよ、今後の演奏会も今の調子だったら熱演間違いなしという感じですので^o^

今度の定期も楽しめるといいですね♪♪

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

天神でクラシック ”ロマンを紡いだ巨匠たち<第4年目>”

2010年7月4日 福岡シンフォニーホール

指揮:秋山 和慶
ヴァイオリン:扇谷 泰朋

シューマン:歌劇「ゲノフェーファ」序曲
        ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
        交響曲第2番 ハ長調 作品61

今年度の「天神でクラシック」は生誕200年を迎えたシューマンの交響曲をメインにとりあげています。5月18日の一回目のコンサートでもあまり入ってなかったけど、今日も半分入ってるか入ってないか・・・^^; シューマンの作品の中でも演奏される機会に恵まれてない曲でしたが、まさに驚異的な演奏でした。

冒頭の「ゲノフェーファ」序曲から目の覚めるようなくっきりとした音色と集中力で、陰影の濃いシューマン独自の世界を生き生きと描いていました。九響コンサートマスターの扇谷泰朋さんをソロに迎えてのヴァイオリン協奏曲の演奏は普段からの共演で築かれているソロとオーケストラとの親密さが生きて、両者が一体となって豊かな演奏が展開されていましたが、全体的に渋いトーンで貫かれた独特な響きは聴いていて重苦しさや切迫感さえ感じるほどでした。

休憩後の交響曲第2番は冒頭の金管のファンファーレから静かな中に程良い緊張感が聴かれ、主部に入ってからの躍動感や色彩の鮮やかさは今までになく力強く、新鮮に響きました。続くスケルツォでも軽快な主部と2種のトリオの対比が見事で、楽しく聴けました。3楽章は全体の白眉で、愁いに沈みながらも何かを求めるように歌い抜き、全ての音が語りかけてくるような実に感動的な世界が展開されました。そしてそれまでの全てを統合し、果てしなく上昇してゆくようなフィナーレ。3楽章の主題の引用もぴったりとはまっていて、高揚して行く中にもどこか影を引っ張っているような不思議な印象でしたが、コーダに入ってからの輝かしさは圧倒的な開放感をもたらすものでした。

今日のコンサートは間違いなく、最近の九響の演奏の中でも特に素晴らしい演奏で、九響の演奏を聴くためだけでも福岡まで来る価値ありと思いました。今後の定期も天クラも非常に楽しみになってきました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/158-2026ed88

トラックバック

コメント

[C111]

今回も素晴らしいコンサートでしたね。
特に後半の交響曲は良かったです。
これを聴いてない人は損してますよ・・と、思うくらいです。
次の第3夜も、とても楽しみです(^^)
  • 2010-07-05 22:29
  • ぼんじり
  • URL
  • 編集

[C112] Oh,no!

まさしく私は損をしちゃいましたね><
7月の定期は行けそうです。ひさしぶりのコンサートなので楽しみです^^
  • 2010-07-05 23:57
  • あまみっく
  • URL
  • 編集

[C113] ぼんじりさん

昨年度のメンデルスゾーンといい今年度のシューマンといい、空席が目立つのが気になりますね・・・定期は完売する勢いだから余計に残念ですね。

[C114] あまみっくさん

でも大丈夫ですよ、今後の演奏会も今の調子だったら熱演間違いなしという感じですので^o^

今度の定期も楽しめるといいですね♪♪

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。