Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/146-5687b907

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

天神でクラシック ”ロマンを紡いだ巨匠たち<第3年目>”

指揮:秋山 和慶
ヴァイオリン:竹澤 恭子

メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」 作品26
            ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64
            交響曲第3番イ短調「スコットランド」 作品56



メンデルスゾーン生誕200年を記念してのチクルスも3回目となりましたが、今回も本当に素敵なコンサートとなりました。

一曲目の「フィンガルの洞窟」から豊かな音色と丁寧な表情付けで、時にやさしくいたわり、時に何者も寄せ付けない厳しさを見せる自然の風景そのものといった感じの雄弁な演奏でした。次のヴァイオリン協奏曲でのソロは竹澤恭子さん、芯のある温かい音色がとても魅力的で、冒頭の有名な主題や軽やかな第3楽章はもちろん、第1楽章の再現部の第2主題や第2楽章の中間部での豊かな情感、緊張感に満ちた第1楽章のカデンツァなど、全てに渡って一音たりとも聴き逃せないほど豊かで濃密な世界が展開されました。オーケストラも存分に歌いきり、曲を盛り上げていました。

後半の交響曲第3番も冒頭の静かな中に哀愁漂う主題からメンデルスゾーンの魅力が全開で、力強く疾走するような第1楽章や第4楽章、メンデルスゾーン独特の軽快な第2楽章、平安な気分と心掻き乱されるような不安が交差する第3楽章とどこをとっても美しく、瑞々しい歌にあふれた豊かな響きがホールを満たしました。CD等で聴く限りでは第4楽章コーダで新しいメロディが出てくる所がやや唐突な感じを受けるけど、実演だとこれがとても自然に感じたのも驚きでしたが、その高揚感は眩いほどで、ホルンとトランペットによる凱歌は特に圧倒的な印象を受けました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/146-5687b907

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。