Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/144-4fea8bd1

トラックバック

コメント

[C34] あけましておめでとうございます

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
昨年は拙ブログへお越し頂きありがとうございました。
九響の演奏会は私にとっていろいろと大きなきっかけとなり、演奏会の楽しさを知ることができました。
まだまだクラシック初心者ですが、今年もできるだけ多くの演奏会に足を運びたいと思います。
Masahikoさんの素敵な感想も楽しみにしています。
今年もよろしくお願いいたします(^^)
  • 2010-01-10 16:10
  • あまみっく
  • URL
  • 編集

[C38]

コメントありがとうございます。

さっそく今日は九響のニューイヤーコンサートに出かけましたが、とても華やかな、楽しいコンサートでした。4月からの定期も興味深いコンサートが目白押しだし、天クラでのシューマン特集もとても楽しみです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

遅くなりましたが

あけましておめでとうございます。

今年も素敵な音楽との出会いに恵まれますように・・・ブログを見ている皆さんにも

さて、今年はやはりショパンの生誕200年で盛り上がるでしょうけど、他に今年が記念年となる作曲家を調べてみると、なかなかいろんな顔ぶれが見られますね・・・

生誕300年:
ジョヴァンニ・ペルゴレージ(イタリア 1710~1736)
トマス・アーン(イギリス 1710~1778)
ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ(ドイツ 1710~1784)

生誕250年:
ヤン・ラディスラフ・ドゥシーク(チェコ 1760~1812)
ルイジ・ケルビーニ(イタリア 1760~1842)

生誕200年:
フェルディナント・ダヴィッド(ドイツ 1810~1873)
オーレ・ブル(ノルウェー 1810~1880)
ノルベルト・ブルクミュラー(ドイツ 1810~1836)
ロベルト・シューマン(ドイツ 1810~1856)

生誕150年:
フーゴ・ヴォルフ(オーストリア 1860~1903)
エドワード・マクダウェル(アメリカ 1860~1908)
イサーク・アルベニス(スペイン 1860~1909)
ギュスターヴ・シャルパンティエ(フランス 1860~1956)
グスタフ・マーラー(オーストリア 1860~1911)
イグナツィ・パデレフスキ(ポーランド 1860~1941)

生誕100年:
サミュエル・バーバー(アメリカ 1910~1981)
ウィリアム・シューマン(アメリカ 1910~1992)

没後100年:
カール・ライネッケ(ドイツ 1824~1910)

没後50年:
ドホナーニ・エルネー(ハンガリー 1877~1960)
ヒューゴ・アルヴェーン(スウェーデン 1872~1960)

トマス・アーンはプロムスでおなじみの「ルール・ブリタニア」の作曲者で、ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハは大バッハの長男です。フェルディナント・ダヴィッドはメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を初演したヴァイオリニストとして知られてますが、2曲の交響曲、5曲のヴァイオリン協奏曲など40曲ほどの作品を残しています。

没後50年を迎えるドホナーニ・エルネーは指揮者のクリストフ・フォン・ドホナーニの祖父にあたります。

見落としがあるかもしれないので、他にご存じの方、ご一報ください。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/144-4fea8bd1

トラックバック

コメント

[C34] あけましておめでとうございます

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
昨年は拙ブログへお越し頂きありがとうございました。
九響の演奏会は私にとっていろいろと大きなきっかけとなり、演奏会の楽しさを知ることができました。
まだまだクラシック初心者ですが、今年もできるだけ多くの演奏会に足を運びたいと思います。
Masahikoさんの素敵な感想も楽しみにしています。
今年もよろしくお願いいたします(^^)
  • 2010-01-10 16:10
  • あまみっく
  • URL
  • 編集

[C38]

コメントありがとうございます。

さっそく今日は九響のニューイヤーコンサートに出かけましたが、とても華やかな、楽しいコンサートでした。4月からの定期も興味深いコンサートが目白押しだし、天クラでのシューマン特集もとても楽しみです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。