Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/117-b0c1f8bf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

バッハ:オルガン作品全集

Bach Organ Works
ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685~1750)

オルガン作品全集(詳細は「続きを読む」にて)

オルガン:ヘルムート・ヴァルヒャ

ヘルムート・ヴァルヒャ(1907~1991)は20世紀ドイツを代表するオルガン奏者で、天然痘に罹った結果失明するも、バッハの鍵盤作品を暗譜し、オルガン作品を二度にわたって全曲録音しています。僕が持っているCDセットは二度目(1956~1970)、ステレオ録音によるものです。オルガンはオランダ、アルクマールにある聖ローレンス教会のシュニットガー作のオルガンと、フランス、素路ラスブールにあるサン・ピエール・ル・ジュヌ教会のジルバーマン作のオルガンにて演奏されています。

とにかく膨大な作品の数ではあるけど、ヴァルヒャの解釈はもはや孤高と言うべきもので、淡々と進む中に輝かしさ、重厚さ、荘厳さ、素朴さに溢れています。またオルガン音楽独特の複雑に絡み合う旋律線が淀むことなく流れてゆくのも、どっしりとした存在感を醸し出していると思います。明快さ故に、重厚な姿がはっきりと現れるのです。

慈しむように演奏されるコラール前奏曲、壮大にして緻密な前奏曲、トッカータ、フーガ等々・・・本当に生涯の宝物と呼んでいい作品ばかりですが、最晩年の大作「フーガの技法」の神々しさは、聴いていて襟を正さずにはいられません。
トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
トッカータとフーガ ヘ長調 BWV540
トッカータとフーガ "ドーリア調" BWV538
トッカータ・アダージョとフーガ ハ長調 BWV564

幻想曲とフーガ ト短調 BWV542
幻想曲 ハ長調 BWV562
パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
幻想曲 ト短調 BWV572
幻想曲とフーガ ハ短調 BWV537

前奏曲とフーガ ホ短調 BWV548
前奏曲とフーガ ハ長調 BWV547
前奏曲とフーガ ト長調 BWV541
前奏曲とフーガ ロ短調 BWV544
前奏曲とフーガ ヘ短調 BWV534
前奏曲とフーガ ハ短調 BWV546
前奏曲とフーガ イ短調 BWV543

トリオソナタ第1番 変ホ長調 BWV525
トリオソナタ第6番 ト長調 BWV530
トリオソナタ第2番 ハ短調 BWV526
トリオソナタ第3番 ニ短調 BWV527
トリオソナタ第4番 ホ短調 BWV528
トリオソナタ第5番 ハ長調 BWV529

前奏曲とフーガ ハ長調 BWV545
前奏曲とフーガ イ長調 BWV536
前奏曲とフーガ ハ長調 BWV531
前奏曲とフーガ ホ短調 BWV533
前奏曲とフーガ ニ長調 BWV532
前奏曲とフーガ ト長調 BWV550
前奏曲とフーガ ニ短調 BWV539
前奏曲とフーガ イ短調 BWV551

ジョヴァンニ・レグレンツィの主題によるフーガ ハ短調 BWV574
アルカンジェロ・コレッリの主題によるフーガ ロ短調 BWV579

前奏曲とフーガ ト短調 BWV535
フーガ ト短調 BWV578
パストラーレ ヘ長調 BWV590
カンツォーナ ニ長調 BWV588
アッラ・ブレーヴェ ニ長調 BWV589
クラヴィーア練習曲集第3巻~4つのデュエット
  ホ短調 BWV802
  ヘ長調 BWV803
  ト長調 BWV804
  イ短調 BWV805
フーガの技法 BWV1080~コントラプンクトゥス18 ニ短調
("未完のフーガ"、ヘルムート・ヴァルヒャによる完成版)

オルゲルビュヒライン(オルガン小曲集) BWV599~BWV644

コラール前奏曲「イエス・キリストよ、我を顧みたまえ」 BWV709
コラール前奏曲「わが心の切なる願い」 BWV727
クラヴィーア練習曲集第3巻~前奏曲 変ホ長調 BWV552/1
クラヴィーア練習曲集第3巻~21のコラール前奏曲 BWV669~BWV689
クラヴィーア練習曲集第3巻~フーガ 変ホ長調 BWV552/2

フーガ「マニフィカト」 BWV733
「いざ喜べ、愛するキリストのともがらよ、もろともに」 BWV734
フーガ「高き御空よりわれは来れり」 BWV700
クリスマス聖歌「高き御空よりわれは来れり」によるカノン変奏曲 BWV769
コラール「バビロン川のほとりにて」 BWV653b
コラール「我、汝に別れを告げん」 BWV736

18のコラール BWV651~BWV668
シュープラー・コラール集 BWV645~BWV650
コラール・パルティータ「慈しみ深きイエスよ」 BWV768

フーガの技法 ニ短調 BWV1080
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/117-b0c1f8bf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。