Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/115-c9e93768

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ヘルツォーゲンベルク:ミサ曲ホ短調

Herzogenberg Messe
ハインリヒ・フォン・ヘルツォーゲンベルク(1843~1900)

ミサ曲 ホ短調 作品87

バーバラ・フレッケンシュタイン(ソプラノ)
ベルベル・ミュラー(アルト)
ロドリーゴ・オレゴ(テノール)
フレデリック・マーティン(バス)

バッハコール・マインツ
ラインラント=ファルツ州立フィルハーモニー
指揮:ラルフ・オットー

先日upした記事の中でヘルツォーゲンベルクがバッハ作品の復興のためにライプツィヒにてバッハ協会を設立した事を書きましたが、このミサ曲は協会の設立の際に共に携わり、1894年4月に亡くなった音楽学者のフィリップ・シュピッタの追悼のために1894年の5月から7月にかけて作曲され、同年12月にヘルツォーゲンベルク自身の指揮により、ベルリンで初演されています。

彼の死はヘルツォーゲンベルクの生涯の中でも最も悲劇的な事であり、志を同じくした友人への友情の証しとしてこのミサ曲が生まれましたが、曲全体を貫く格調高い悲愴感、聴く人に真に迫ってくるような厳かな表情はとても感動的で、過去の偉大なミサ曲(バッハのロ短調ミサ、ベートーヴェンのミサ・ソレムニス、シューベルト、シューマン、ブルックナーのミサ曲、ブラームスのドイツ・レクィエム等)と比べても何ら劣るところはありません。

演奏も誠実かつ丁寧であり、この未知の傑作の偉容を余すところ無く表現しています。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://arzuluq.blog42.fc2.com/tb.php/115-c9e93768

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

コンサートの感想もツイッターに書き込んでます

プロフィール

Masahiko

Author:Masahiko
生息地:福岡市
出没地:音楽のあるところ(笑)

好きな音楽を中心に書いていこうと思います。仕事に追われている中でも美しいものに多く触れ、気分をリセットしたいです・・・多くの仲間を作り、出来ればコンサートなどで感動を共有したいです(^o^)

ランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ

クラシック音楽鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックCD鑑賞

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。